スポンサードリンク

孫子に学ぶ 兵は詭道なりを誤解してない?戦略で大切な事です

兵は詭道なりは欺くのではなく相手が考えつかない事をする事です。正しく解釈していますか?

兵とは詭道なり

相手が考えている裏をかくこと、考えていない事をすることがとても大切。間違った解釈をすると”せこく”思いますが実は違います。

考え方-兵は詭道なりは勝つための駆け引き

【勝つためには駆け引きも必要】

孫子は「戦いに勝つためにはかけひきも必要」と言っています。

 

「かけひきという言葉は悪いイメージですが、実はそうではない。」

という事をまず理解する。

 

孫子の時代は戦場です。

実際に命のやりとりをしています。

 

プライド、信頼関係などは無い時代。敵にやられると死んでしまうのです。リベンジも何もできません。

こういう対処をするために兵法があるのです。戦争の中で、人の命を奪ってしまうのは正面衝突で戦うこと。

お互いが力づくで来れば多くの命を失います。それを避けるための方法として「詭道」があるのです。

これによって無駄に命を落とすことを避けることが出来るのです。

日本の戦国時代の軍師では「山本勘助」が良く使っていた言葉としても有名です。

では、「詭道」良い意味で考えるとどうなるでしょうか?

実践-サプライズでいい意味で相手を裏切る

現代のビジネスに応用、言い替えるのであれば、

”相手の期待を超えたサプライズ”

”いい意味で相手を裏切る”

という風に考えます。

 

【競合を出し抜く】

競合(ライバル)を出し抜いて、良い部分で競り勝つという事も良いです。

【差別化を図る】

差別化を図ることも大切です。ライバルと競り合うのも大事ですが、労力を使い、費用も使います。

それよりも、顧客目線に立ち、何が必要か何を求められているかを調査、理解しライバルも手を着けない部分での差をつける。

そうすることで顧客の期待を超えライバルを超え、サプライズで満足度を上げることが出来ます。

顧客やライバルでさえ思いつかない事を考えてこそ差別化が出来るという事です。

例え-正々堂々だけでは相手には勝てない

【スポーツも兵は詭道なりの応酬】

詭道は「相手が考えもしないような事」という意味

考えもしないような事とは。サッカー、バスケットボール、テニスなどのスポーツでは、フェイント、パス、ドロップショットなどがあるけど、反則ではないですね。

正々堂々を勝負を挑む、向かっていくことは大切ですが、それだけでは勝てない・守れないこともあるのです。

スポーツのルールの範囲内でどれだけ駆け引きができるか考える事も重要なテクニックの一つ。

・少し考えて人が思いつかないような事をする。

それが生きていくために必要な要素の一つになる。

 

【ライバル会社に動きを悟られないように】

新製品を検討している事などをライバルに悟られないようにする。または、似たようなものを開発・検討しているように見せて実は全然違う新機能搭載の新製品を開発する。

など、

相手に悟られないように

・相手に悟られても正しい情報を与えないように

・顧客にも驚かせるもの

を世に出す。

ライバルとの差が大きいほど、正々堂々と立ち向かっても勝ち目は無いから、相手の気が付かない部分を見つけ意表をついて驚かせる事をすることが勝ち残るためには必要な戦略であり、「兵は詭道」という意味に繋がる。

ですので、欺くという悪いイメージより、良い意味で裏切る、ということを考えていくことが良い結果に繋がっていく。

 

【ネットビジネス・アフィリエイトも同じ】

ネットビジネスやアフィリエイトでも同じ事が言えます。

みんなが同じことをしていても突出することが出来ません。教材・商材を購入して同じように実践してみても結果が出ない。

でも実際に出てる人もいる。その違いは何か?

それは、同じ事をしていても抜き出ることが出来ない事を知っているからです。

作業自体は同じかもしれません。

でも稼ぎたいジャンルはそれぞれですね。

でもそれでもかなり被ってきます。

ではその中であなたらしさを出すためにはどうすれば良いのかを考えるのです。

化粧品の事をブログでまとめると決めたとして評判をブログに書き込みます。

おそらく同じ商材を見て実践している人の中には、「化粧品 評判」という事でブログを書く人がいるでしょう。

ブログの種類も、fc2?seesaa?無料ブログなら〇〇、

有料ならXサーバ、ロリポップ等を教えられていると思います。

そして、有料ならwordpressが使えますから、使うでしょう。

そういう環境で同じようにして稼げる・稼げない、が出てくるのです。

ここで、稼げる人は他を出し抜くために工夫をしているのです。

それが

wordpressのSEO対策強化

です。

これは中々実践している人はいないと思います。実際に無料テーマは沢山存在しています。

googleのクロールに巡回してもらう方法も無料で出来ます。

だから、みんなここどまりです。

ですが、本当に稼げる人、稼ごうと思ってる人は人と同じ事はしないのです。

投資という意味では、あまりいい言葉ではありませんが、差をつけるという意味では必要なことです。

お金が無いからアフィリエイトやネットビジネスを始めてるという事は良く理解していますが、半年実践して5000円も稼げないんだったら、最初に投資して2か月で10000円稼げるようになっている方がすごいと思いませんか?

でも確かに有料のwordpressテーマってなかなかな金額なんですよね。

躊躇するのも解る気がします。

でも効率的には良いというのはありますから検討する余地はあると思っています。

しかしそうすることで「兵は詭道」ということのように、意表とついた事をしているので、結果が伴ってくるのも早いです。

「相手が考えようもしない事をする」のが大切です。

ネットビジネスやアフィリエイトは一人で実践しているので、相手というのも解りにくいものですが、ライバルはネット上にたくさんいます。

有料テーマを選択するというのは、相手が全く考えない事ではありません。

ですが、考える人は少ないです。

だから、突出できる可能性がグン!と広がるのです。

無料テーマでちまちまgoogleに登録されるのを待っていては、最新の記事がもったいないですよね。

すぐに見てもらいたいじゃないですか?

そういう事を考える事が「兵は詭道」「相手が考えない事をする」につながるのです。ぜひ考えてみてください。

アフィリエイター収益最大化!最新SEO対策済み!wordpressテーマ「Diver」

考えてみよう-詭道は奥が深く陥れる考え方ではない

詭道は「相手が考えもしないような事」。

これを”卑怯だ”とか、”駆け引きなんてしなくていい”というような事では、今後生き残れるか難しいです。

言葉だけを考えれば、正々堂々と戦い、勝つんだ!というほうがかっこよく聞こえますし、強く感じます。

ですが、詭道という言葉の本質を考えてみると、卑怯な考え方などと思わなくなります。

正々堂々と戦う、勝に行くという事はかっこいい事ですが、負けてしまっては、会社が倒産してしまっては意味がありません。

そこで正面衝突を避けた上で、会社を危機に陥らせないための言葉なのです。

差別化されたニッチな部分を突き、ライバルや顧客、ニーズの予想を超える事こそが戦略・詭道であり、会社経営する人達、企業は考えなければならない事です。

顧客の満足度を上げるために、顧客ニーズを聞くようにし、そっから思わぬ発見があるかもしれません。

顧客を良い意味で裏切り、期待にこたえるためには、

  • 顧客の意見を聞く
  • ニーズを調査
  • 自社製品の商品力を高める

必要がある。

威厳や世間体を気にして正々堂々と勝負し負けてしまうほうが、よっぽど経営者としては失格です。

経営者は会社を運営していく責任があり、守る責任があります。

自分勝手な行動や言動、きれいごとで危機を迎えさせてはなりません。

戦略を考えるうえでは詭道が大切。経営も詭道が大切です。


【併せて読みたい関連記事】

孫子を応用 トレンドアフィリは考えるより即効性が効く
【孫子応用】営業戦略の進め方で重要要素と営業企画書のコツ
孫子を応用 働き方改革には順番と3つの考え方が大切
孫子に学ぶ 自分の考えを伝えたいと思っている人へ対策と方法
孫子に学ぶ 他社との差別化を見つける4つのコツ
真似ばかりで売れなかった会社が勝つ為に必要な3つの考え方
孫子に学ぶ リーダーがおちいる5つの危険性と改善方法
孫子ビジネスで経営やスキルアップする上で大切なツボまとめ

孫子の兵法・読み下し文-兵とは詭道なり…

兵とは詭道なり。
故に、能なるも之に不能を示し、用いて之に用いざるを示す。

近くとも之に遠きを示し、遠くとも之に近きを示し、利して之を誘い、乱して之を取る。

訳文-兵とは詭道なり...

戦争とは相手を欺く行為になる。
能力があっても無いように見せかける。作戦を用いようとしているときは、その作戦を取らないように見せかける。

近くにいてもまだ遠くにいるように見せ、遠くに居る時は、すでに近くにいるかのように見せかけることが必要。

敵に有利なように見せかけ罠をしかけ誘い出し、混乱に乗じて相手を撃つべきである。

孫子の兵法の内容

孫子の兵法の名言(彼を知り己を知り、または敵を知り己を知れば・戦わずして勝つ)や原文の解説、ビジネスに役立てる解説、子供にもわかりやすい解説をしています。

兵法の意味から兵法がわかる本(サイト)としてまとめを準備をしています。
おすすめの本なども紹介していく予定です。

       

スポンサードリンク

孫子の兵法(本)<愛読書>

【子どもにも解りやすく説明した孫子の兵法書】

【マンガで優しく孫子の兵法を解説しています】

【マンガで優しく孫子の兵法書を解説してします】


その他の書籍を探す(人物・思想)

気に入ってくれたらシェア(いいね)お願いします

コメント

コメントを残す

スポンサーリンク