スポンサードリンク

孫子に学ぶ 社内の風通しの良さと人間関係の10大チェック!

最近、社内の雰囲気が悪い・取り残されてる?など感じたことありませんか?

あなたは会社で上下関係に悩んでる?10項目でチェック

リーダーのあなたとメンバーとで意識統一や意思統一はされていますか? メンバーの事あなたはどれだけ知ってますか?

考え方-社内の風通しの良さと人間関係は立場の違いは関係ない

【立場が違っても社内での意識統一(風通し)がされているかが大事】

孫子は「上に立つものと民衆の心が一つになることが肝心」と言っています。

上司と部下、役員と社員と立場が異なっていても同じ方向を向いている方が強い企業になるという事です。

社員が同じ方向を向いている事が大切

目標がみんなバラバラ、もしくは見失ってる、などという状況だとうまくまとまることはありません。

会社や事務所の雰囲気が悪いと仕事がしにくいと感じる事ありませんか?

今日は話かけにくいなぁ。と相手の雰囲気に気を遣ったりしてませんか?

もっと楽しく仕事したいって思いますよね。

職場環境が良くないと前向きに仕事しようと思えませんから。

仕事に行くのが嫌だ、辛いという風にならないためにどうすれば良いと思いますか?

考え方あなたの会社はどうだろう?というチェックがありますので、ぜひ確認してください。

実践-どうすれば社内の意識統一(風通し)が図れるのか?

【普段からコミュニケーションを取ることが大事】

”相手が何を考えているのか解らない”

”自分がどう思われてるのか解らない”

では、何も伝えれないし

「これ言っても大丈夫かな?」

「怒らないかな?」

など心配しながら話をしなければいけません。

それでは進む仕事も進みません。

ですが、相手の事を理解していれば気軽に話かけができ一緒に考える事だって出来るようになります。

そのためには、雑談をよくする。という事です。

無駄話で仕事をさぼるという事ではなく、適度な時間で相手の事を知るための情報を手に入れるのです。

  • 趣味は何かな?
  • 普段はどういう風に考え事をしてるのかな?
  • 旅行とか好きなのかな?
  • 料理は好き?嫌い?
  • 映画は何を見るのかな?
  • 子育てはどんな風にしてるんだろう?

など、自分の体験も含めて少し話してみると同じ趣味だったり好きな事が一緒だとすると話が盛り上がります。

そうなれば、今まで知らなかった事を知ることで親近感もわいてきます。

プライベートな事をあまり言わない人もいますが、相談に乗ってもらうという形であればアドバイスをもらえたりします。

こういう時に考え方が解かったりもします。

ですので、雑談から話題をひろって、共通部分などを見つけ出す

そうすることで相手との距離を縮めて話しやすい環境を作っていくことが出来て、第一歩になります。

 

※もし拠点が遠くて普段は話することが無く、電話やメールでしか話をしないような関係だとしたら、どうしたら良い?

会社の環境にもよりますが、

「テレビ会議システムを導入しているなら、テレビ会議を活用してみんなの顔を見ながらお話をする。」

という事が出来ますので、1か月に1回で良いので、テレビ会議を開催する。

課題があれば話をして、無くても雑談から仕事で悩んでる・困ってるなど悩み相談的な話で会話を取り入れるようにしましょう。

テレビ会議で顔を見て声を聞き合う事で「この人は、どう考えているか」がなんとなくでも解ってきます。

話し方のニュアンスですよね。

これを理解することでメールでのやりとりもスムースになるのです。

テレビ会議の設備が無い場合は、簡単にはスカイプなどのツールを使う事で同じような事を実現できます。

コミュニケーションというのは、文字だけではダメで、声を聞き、話のニュアンスを掴み、考え方を知ることが大切です。

例え-コミュニケーションが取れていないとどうなるか?

会社のトップが自分勝手に

  • 製品制作を行う
  • スケジュール管理
  • 製作費管理

などの行うが、部下に情報を公開しないなどがあると不安になる。

さらに質問で、

  • どんな考えで作ったのか
  • 誰を対象にしているのか
  • どういう仕組みになっているのか

などの情報を求めることが出来ない環境。

情報を求めると「そんなこと知る必要はない!」と怒り心頭で意見を聞かないという事となるとコミュニケーションどころではない。

こうなると社内環境というより個人の問題になり会社経営としての問題も出てくるため、長くは持たないと考えるのが良い。

上司と部下の信頼関係も構築できないと

  • 人間関係が良くない状況が続く
  • コミュニケーションが取れない
  • 仕事が楽しくない

という事になると風通しの良い職場(社内)とは言えない。

会社全体が重たい雰囲気で仕事をすることになる。

仕事はやはり、楽しくするのが基本。

雑談も出来ず、コンピュータに向かって黙々と作業をするだけ、雑談の声は小さくてもフロアに響くくらいシーンとしている。

そんな環境で仕事をしても良い案が出るわけもなく、上司の様子を伺いながらの仕事で楽しいわけがない。

上司の機嫌が悪そうだから話かけるのやめておこう・・なんて思う仕事場が良いわけがない。

その割に、上司は

  • えらそうな口を聞いてくる
  • 命令はしっかりとする

なんてことがあれば、部下はついて行こうと思わない。

それを上司も理解をしていない。なんていうのは最低の環境にあると言わざるを得ない。

これではストレスが溜まるだけで自分自身の身体にも良くない。

上司からも冷たく見られ、評価もされず終わっていく。

それよりコミュニケーションをお互い取れる社内環境を構築し雑談の中からでもいい案が出せるような楽しく出来る人間関係と社内環境はとても大事。

トップや上司の雰囲気・ご機嫌を理解したうえでないと話が出来ない。という事は最悪。

部下がトップや上司に改善を求めることも出来ないことは無いが、言いにくい。

しかし職場を少しでも良くしていくために以下の様な事をチェックしていくことが賢明であると考える。

考えてみよう-何個当てはまりますか?チェックしてみましょう

※社長、部長、新入社員、立場はそれぞれだけど会社で意識統一出来ているかを考えてみるとヒントになります。


【環境】

  • 自分以外で同僚、上司、部下などどんな仕事をしているか解らない
  • 上司など聞く耳を持たないため、提案できる雰囲気が無い
  • 抱える仕事量が多く新規案件など積極的に考え提案する雰囲気が無い
  • 誰かがミスをしても自分には関係ないという雰囲気がある
  • 良い情報を手に入れても共有できる仕組みが無く個人内で終わってしまう
  • ミスに対して関わらない人が多いため個人で解決することが多い

【人との接し方】

  • 提案などの話の内容より「誰が発言したか?」が重視される
  • 提案など言った人の責任で仕事をされられ責任を負わせられる傾向がある
  • 積極的に意見を発しても、反応が無い(乏しい)
  • ミスをすると叱責することをメインにされ、解決策を見いだす事をしない

いくつ当てはまりましたか?

☑1個:十分に風通しは良いと思われます

☑2~3個:それほど風通しは良くありません。雑談など話をする機会を設け、お互いの事を知る努力をすることをお勧めします。

☑4個以上:大変危険です!何も解らない状態での仕事になるため対策を!

 

 

【併せて読みたい関連記事】

孫子を応用 トレンドアフィリは考えるより即効性が効く
【孫子応用】営業戦略の進め方で重要要素と営業企画書のコツ
孫子を応用 働き方改革には順番と3つの考え方が大切
孫子に学ぶ 自分の考えを伝えたいと思っている人へ対策と方法
孫子に学ぶ 他社との差別化を見つける4つのコツ
孫子に学ぶ 社会人としてリーダーとして求める5つの資質は
孫子に学ぶ ニッチな場所と想定外を狙い勝つ3つの考え方
孫子に学ぶ 難しい上司とうまく付き合うための6つの方法
孫子に学ぶ「備えあればうれいなし」で必要な3つの方法と対策

孫子の兵法・読み下し文-道とは、民をして上と意を同じゅうせ令むる者なり…

道とは、民をして上と意を同じゅうせ令むる者なり。
故に之と死す可く、之と生く可くして、民は詭わざるなり。

訳文-道とは、民をして上と意を同じゅうせ令むる者なり…

「道」とは民衆の意志をトップに同化させる。内政の正しいあり方を示す。

上司と部下とのコミュニケーションが何より大切という事を伝えている。

孫子の兵法の内容

孫子の兵法の名言(彼を知り己を知り、または敵を知り己を知れば・戦わずして勝つ)や原文の解説、ビジネスに役立てる解説、子供にもわかりやすい解説をしています。

兵法の意味から兵法がわかる本(サイト)としてまとめを準備をしています。
おすすめの本なども紹介していく予定です。

       

スポンサードリンク

孫子の兵法(本)<愛読書>

【子どもにも解りやすく説明した孫子の兵法書】

【マンガで優しく孫子の兵法を解説しています】

【マンガで優しく孫子の兵法書を解説してします】


その他の書籍を探す(人物・思想)

気に入ってくれたらシェア(いいね)お願いします

コメント

コメントを残す

スポンサーリンク